労働者福利費に対する税務政策

2016年10月03日、ホチミン市税務局はオフィシャルレター第9497/CT-TTHT号を発行した。その通り、会社は従業員に健康保険を購入する場合、強制保険ではない、保険費用の積立金がない製品である場合、この金額は従業員の個人所得税の課税所得に計算されない。ただし、この金額は労働者の家族のため購入された場合、当該費用が労働者の個人所得税の課税所得に計算される。

労働者の健康診断、会員費用、体育コース、スッポツコースの購入は適切なインボイスがあり、福利支出費用合計が実績平均1カ月給料額を超えない場合、法人税の確定申告を行う時、損金と見なされる。